困った顔のぷうさん

・・・・もう博士は来ないのかなぁ・・・?
この際、使い魔でも魔王でも、何でもいいや、教えてくれるんなら。
一人で勉強なんてつまらん!やる気が起きないよお・・・。


博士「(^^♪」

お呼びかな?


ぷうさん「(^^♪」

あっ、博士様だっ!


博士

・・・今日はバカに持ち上げるんじゃな?
ごますっても何にも出んぞ。


困った顔のぷうさん

はははっ!何も出なくていいですよお。
さっ、今日もCを始めましょうか、博士様々。


困った顔の博士

・・・なんとなくこそばゆいのお・・・
様は止めとくれんか。


ぷうさん「(^^♪」

はーい、博士。


博士

あんまり素直じゃと、調子が狂ってしまうのお・・・・


ぷうさん

いいから、いいから。


困った顔の博士

なんか・・・ぷうさんじゃないみたいじゃのお・・・。


ぷうさん「怒」

・・・ぶうっ!ひとが折角やる気を出しているのに。


博士

悪い、悪い、それじゃ、始めるとしようかの?


ぷうさん「(^^♪」

はーい。


困った顔の博士

・・・じゃが、どうも調子がでんのお・・・・。


ぷうさん「OK」

ったく!しょうがないなあ、じゃ、私の替え歌を歌ってあげよう!
まあじょさん達が卒業式の話してて、蛍の光の最初がどうしても「おたるの光」になるって言ってたとき、ピンと来たやつ。


博士

蛍の光か・・・


ぷうさん「こちら」

そう!じゃ、いくね。


博士

ふむ、どんな風になるかのう…









ぷうさん「こちら」

♪おさーるのひかあり、まどの95ぉ~
♪インストーォル、できなぁ~くて、
♪おやじぃがウッキッキィー
♪インスートの姉さーまに、いらーい(依頼)したらぁ
♪こづかーいが ぶっとーんだ
♪金さーん万えーん!


博士「(^^♪」

ぶ・・くくくっ・・ぶわーっはっはっはっ!!


ぷうさん「(^^♪」

わーい、うけたうけた!


博士

いかにもお前さんらしい替え歌じゃわい。
じゃが、世のおやじ族が怒るぞ。


ぷうさん「?」

そうだねえ・・じゃ、「おやじぃが」のところを「わたしぃは」にすれば文句はどこからも出ないよね?


博士「?」

まあ、そうじゃな。
じゃが、3万円とは?どこから出た数字じゃ?


ぷうさん「こちら」

ああ、それね。ニフテ○ーのフォーラムに書いてあったの。
インストールを一件3万円で受けたって話。


困った顔の博士

それだけWindows95に乗せられて買った人がおるというわけじゃな。


ぷうさん

そう!罪作りよねぇ・・今はプリインストールのモデルを売ってるからいいけどね。


博士「(^^♪」

そうじゃな。
じゃ、いつもの気分になったところで、始めようかの?


ぷうさん「怒」

・・・それって私に真面目は似合わないって事なん?


困った顔の博士

・・・そ、そうは言っとらんじゃろ?
ほれ、ほれ、始めるぞい!

この話はCを勉強し始めた当時-199*年頃-のお話です。

四日目 文字列について 目次

三日目へ

ぷうさんの七日間戦争 四日目

五日目へ