ぷうさん

博士~、次行く前にちょっといいですか?


博士「?」

ん、なんじゃ?


ぷうさん「?」

プログラムが分かりやすいように区切りや説明等の注釈というか目印を入れたいので、方法を教えて下さい。
それとも余計ものは入れたらダメなんですか?


博士「Good!」

注釈は入れることがぞい。できなかったらアルファベットの羅列のみで構成されると思うとゾッとするぞい。


ぷうさん「(^^♪」

よかった♪
自分でプログラムを組む時、説明文つけておかないと訳分からなくなっちゃうよ☆


博士「ここをチェックじゃ」

注釈の入れ方としては二種類あるぞい。
好きな方というか書きやすい方を使ったらいいぞい。

注釈の部分を「/*」と「*/」で囲むのじゃ

実行文

/* ぷうさんの七日間戦争 */
/* 生徒:ぷうさん 先生:博士 */

複数行一気にやる場合は

/*
ぷうさんの七日間戦争
生徒:ぷうさん 先生:博士
*/

チェックポイント

博士「ここをチェックじゃ」

この方法は一行だろうが複数行だろうがとにかく
/* */で囲んだ部分を無効化してくれるのじゃ。








注釈の部分の手前に //をつけるのじゃ

実行文

// ぷうさんの七日間戦争
// 生徒:ぷうさん 先生:博士

チェックポイント

博士「ここをチェックじゃ」

無効化したい部分の頭に
//をつけると、そこからその行の文末まで無効化してくれるのじゃ。
こちらは一行毎につける必要があるのう。

その四 配列へ

一日目 C言語の基礎 目次

零日目へ

ぷうさんの七日間戦争 一日目

二日目へ